自動車学校の教え方

自動車学校の先生によって、教え方が様々ですね。一定の研修を受けて指導に当たるわけですが、やはり経験や考え方・工夫によって、その指導方法も異なってきます。そんな体験談をいただきました。


東京都世田谷区在住の50代 男性

「私が免許を取った当時、我が家にはマニュアルの車しかありませんでした。
なので、マニュアルで免許を取ろうとしたのですが、ものすごく苦労しました。

・まず、マニュアル車の発進がうまくできない。

それで何回も補習がつきました。
具体的にクラッチをここら辺まで上げるとうまく発進できると教えてくれた
教官がいたおかげでそのあとは発進に苦労することはなくなりましたが、
クランクやS字でもさんざん苦労しました。
私が思うのは、教える側はご自分ができるから、「なぜ上手くできないのか?わからないんだろうな・・・」ということ。

「そう言われたってできないからできないんだよ!!」 と思うことがよくありました。
わかりやすかったのは、ここにこれが重なったらハンドルを2回回せとか
言ってくれたことでした。
こんな私でも路上に出たら全く問題なく、今も事故を起こさず運転をしております。

自動車学校の先生も、その教習所ごとに指導マニュアルがあるのかもしれませんが

「この人は、何が分からないのだろう?」

「この人には、どう伝えたら理解してくれるだろう?」

といった、教わる側の気持ち・状況をもっと丁寧に掘り下げて、指導に当たってほしいです!そんな教習所があったら大繁盛すると思うのですが!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*